大会アンバサダーのご紹介

東海道五十七次ウルトラマラニック大会アンバサダー

東海道五十七次ウルトラマラニックを盛り上げ、応援してくださるアンバサダーの皆さんをご紹介します。

土井陵

世界最高峰のトレイルレースUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)で日本人最高位(総合12位)の成績をおさめるなど世界のレースで活躍する土井陵選手が大会アンバサダーに就任していただきました。
 
【大会へのメッセージ】
江戸時代に整備された歴史情緒あふれる全コースの550kmを自分の脚で踏破するレースはとても魅力的です。歴史を感じながら走ることはもちろん、風情ある景色、宿場町である町での地元の人たちとのふれあい。想像するだけでワクワクします。参加者全員が笑顔で楽しくそして笑ってゴールできる最高のレースになることを願っています。
 
土井選手はトレイルレースはもちろんフルマラソンも2時間28分で走るスーパーアスリートですが、30歳でマラソンを始めるまでは
陸上競技の経験はなかったそうです。人間やればできるもんですね。次のレースはびわ湖毎日マラソン。東海道UMにもスケジュール次第で遊びに来てくれますのでお楽しみに♪

http://dogsorcaravan.com/2015/08/31/2015-post-utmb-takashi-doi-interview

大会アンバサダー:土井陵

三好礼子

ダカールラリーなど数々の国際ラリーで実績を残した後、国際トレイルランナーとして活躍されている三好礼子さん。NHKの激闘モンブランなど数々の番組でご覧になられた方も多いのではないでしょうか。
 
UTMFでは初回から実行委員を務め関係各所を奔走。自然や地域への配慮など、女性ならではの視点でトレイルランニング界に多大なる貢献をされている第一人者です。
 
1995年に富士山麓、2013年に松本市に移住し、動物や畑に囲まれて暮らす自然回帰型生活びと(土まみれ)。山羊チーズ作りの傍らされている「ペレファ・カフェ」は超オススメです。いちど遊びに行ってください!
http://www.fairytale.jp

大会アンバサダー:三好礼子さん

三州ツバ吉

世界七大陸マラソン、世界三大砂漠マラソン&南極マラソン、そしてジャングルマラソンなど、数々のステージレースを覆面で制してきたプロレスラー、銀座の鉄人こと三州ツバ吉さんです。
  
世界のレースを走った三州さんもやはり東海道に魅了された一人。自ら東海道を走り、昨年末には東西対抗東東海道五十三次ウルトラマラソンを主催されました。来年は世界初の駅伝競技「東海道駅伝徒歩競争」が開催されてから100年目を迎えます。99年前の東西対抗戦は東軍が勝ったそうですが果たして来年は!?世紀を超えた東海道を舞台とした決戦、楽しみですね。

【大会へのメッセージ】
 
皆様はじめまして!三州ツバ吉と言います。

私も2014年年末から2015年年始8日間かけて東海道53次約500kmを知人達と走りました!!

江戸時代に整備された街道をいまでも所々残っている宿場町の風景を観ながら走るのはとてもロマンを感じ
大変感慨深く感動します!!

日本が世界に誇れる素晴らしい街道を是非皆様の脚で堪能してください!!

素晴らしい体験間違いないです!!
私も日程が合えば是非走らせて頂きます‼
勿論覆面姿で(;゜∀゜)
皆様とお会いできるの楽しみにしてます!!

三州 ツバ吉
大会アンバサダー:三州ツバ吉

井上真悟

  
ウルトラマラソン世界チャンピオンの井上真悟選手が大会アンバサダーに就任しました。
 
井上選手は2010年に24時間走世界選手権で優勝、20歳代初のワールドチャンピオンに輝いた他、台湾一周マラソン1100kmで優勝するなど世界のウルトラマラソンで活躍しているトップアスリート。
現在は来月のトランス台湾国際ウルトラマラソン(246km)での優勝を公言し最終調整に入っています。
みんなで応援しましょう。
   
【井上真悟さんと東海道を走ろう!】
STAGE1-2(5月21日-22日)の2日間、井上慎吾さんが東海道を旅しながらのランニングクリニックを行います。
体幹を使ったコアランニングのメゾットは初心者から上級者まで非常に役立つ内容です。
もちろん宿場町で休憩しながら東海道の「旅」を楽しむことも忘れませんよ。
既にエントリーしている方でも参加可能です。
 
世界のトップアスリートと東海道を駆け抜けてください。ちなみに5月大会は土井陵選手も遊びに来る予定なのでビッグ2が揃います。ビバークではトークセッションなども企画しておりますのでお楽しみに!

大会アンバサダー:井上真悟

杉原 卓磨 with TEAM APIO Takumano

ノルディックウォーキングをはじめとしたアウトドアスポーツの啓蒙活動として
“スポーツと食”をテーマに持続可能な健康づくりを目指して活動している杉原 卓磨ことタクマーノ。
その活動のひとつとして、ノルディックウォーキングを普及させるべく、
日本初の「プロ」ノルディックウォーキングチームであるTEAM APIO Takumanoを結成!
健康のため、様々なスポーツのトレーニングのひとつとして、
生涯スポーツとして、観光や登山の新しいツールとしてなど、
それぞれの目的を持って、ノルディックウォーキングの知識や技術の向上に
タクマーノ監督のもと、努めていこうと意気込んでいます。

【大会へのメッセージ】
みなさま、初めまして!
ウルトラマラニックというネーミングの東海道五十七次、
一見ハードルが高そうに思えますが、完走率の高さに驚きです!
きっと、歴史情緒あふれる東海道を自分の足で歩くという事がとっても魅力にあふれ、
参加される多くの人が、それぞれの心に何かしら響かせるモノがきっとあるのだと思っております。
みなさまのいつもの歩く(走る)に、ノルディックウォーキングは楽しみだけでなく、
トレーニングの要素も含め、それぞれの目的を何倍にも膨らませてくれるスポーツです。
タクマーノ監督を始め、チームで参加し、歩く事の楽しさを
ノルディックウォーキングを通じて皆さまと一緒に体感したいと思っております。
よろしくお願いします!
sugihara

ページ上部へ戻る