大会概要

東海道五十七次ウルトラマラニックについて

東海道五十七次ウルトラマラニック大会ロゴ

昔から東海道をすべて走る、歩くと「願いがかなう」と言われていますが、あなたはどんな願いを胸に参加しますか?

東海道五十七次ウルトラマラニックとは?

東京日本橋から京都三条大橋まで、日本の2000年の歴史ある街道『東海道』を550km走破する大会です。
2014年、2015年と東海道各地の宿場に、ご支援・ご協力いただき、「東海道をもっと盛り上げて欲しい」との声を受け、2016年より東海道五十七次ウルトラマラニックとしてさらなる飛躍を遂げます。
京都から大阪までを追加した、この形が本来の東海道なのです。

平均一日40キロを走り(歩き)、ゴール地点で用意されているディナーを食べてテントで寝ます。
翌日も疲労を抱えた身体で朝食を食べて40キロを走る(歩く)大会です。

大阪電気通信大学の学生が2016年STAGE1-2に密着取材してくれました。
大会の流れがわかりやすくまとまっておりますので、ぜひご覧になってください。

飛脚か旅人か

このような超ロングの大会ですが、完走率は96.5%。
いったい何故でしょうか?

1回の大会は40km×2日=80km前後の大会です。
それを5月より7ヶ月連続で開催して
80×7=560km

だからマラソンに出場経験があれば完走できるんです。
今までの出場者にはフルマラソンに一度も参加したことがない人もたくさんいましたが、ほとんど完歩しています。

出場種目は飛脚の如く駆け抜けるランと、旅人気分で歴史を感じるウォークの二部門です。

普段全く運動したことがない人もウォークの部では完歩していますし、
サブスリーランナーも出場するので競技としても楽しめます。

毎月最終週末に開催、スタートとゴールは毎月少しずつ京都に近づいていきます。
期間は5月から11月までの七か月間、すべてに完走(完歩)すると全制覇、一年でやらなくても数年で達成する人もいます。

大会アンバサダー

世界の大会で活躍する選手がアンバサダーとして参加しています。
大会アンバサダーのご紹介はこちら

さらに詳しく

エントリーフィーは二日間で24,000円です。

二日間分のコース費用と初日の夕食、二日目の朝食が含まれます。

東海道ウルトラマラニックは食事とスタッフの温かくもおもしろいサポートが自慢です。
一泊二日のアドベンチャー旅行に行く感覚で、ご参加ください。

当大会はこれだけのロングの大会にも関わらず、リピート率も83%というのが自慢のひとつです。
全制覇を狙わずとも、まずはどこかの区間でも結構ですので一度ご参加されることをお勧めします。
絶対に後悔はありません。

■大会当日イメージ

1日目(土曜日)
出発
ウォークは10時から、ランは13時から順次スタート
スタート方式はニューヨークシティマラソンと同じウェーブスタートを取り入れます。

荷物はスタッフがあずかりますので、選手の皆様は簡単な飲み物や小銭程度を持って走ってください。
コースは東海道の旧街道を中心に、歩道や車道などの公道を走ります。

1日の距離は30km〜60kmほど

東海道五十七次の宿場町ごとに(4-11km程)専用のエイドステーションが用意されています。

最初はコマ地図に迷いながらも、少しずつ楽しくなっていきます。

各エイドでは東海道ウルトラマラニック自慢の「美味しいもの」が用意されていますので、お楽しみに。

一日目のゴールでは近くの銭湯で汗を流して(ビバーク(野営)地点から送迎予定)
夕食をみんなで食べます。
東海道ウルトラマラニック自慢のディナーです。
夜はお酒も楽しめますので、一緒に苦労した仲間と思う存分飲んで食べてください。
体力が尽きたらテントでお休みください。
(テントは運営側で用意しています)
寝る時の服や翌日にきれいなシャツで走りたい方はお持ちください。

2日目(日曜日)
前日の疲労が抜けないままに7時にウォークがスタート、10時にランがスタートします。
エイドを抜け、コース上に隠しCPがあったりとドキドキを感じながらコースをすすみます。

この頃にはコマ地図にもなれたもんです。
1つ1つチェックポイントを進んで感動のゴール。

ゴールは多くの場合新幹線が通る駅か、その駅の近くの利便性を重視しています。
東京、大阪など首都圏の方を中心にその日に帰る事ができる時間設定となっています。

ゴール後は近くの銭湯で汗を流し、帰路にお付きください。
以上、一泊二日の大冒険へのエントリーをお待ちしております。

《東海道五十七次ウルトラマラニック3つの特徴》

【マラニックとは】
マラニックとは、マラソンとピクニックを合わせた造語で、マラソンのようにタイムや順位を競うのではなく、ピクニック感覚で旅を楽しむイベントです。
それでもピクニックとは違って、競技規則や制限時間が設けられているので、楽しみながらも、ピリッと引き締まったレースならではの雰囲気も味わえます。

【ステージレースとは】
複数日に渡り開催され宿泊を伴う大会の事をステージレースといいます。
一日の大会とは異なり、ビバーク(キャンプ地)で仲間と寝食を共にすることで、深い人間関係が生まれるのが特徴です。
日本ではまだまだ馴染みが浅いですが、海外ではサハラマラソンはじめ、ツールドフランスやダカールラリーなど様々な分野でステージレースが盛んに催されています。

【コマ地図とは】
コマ地図
『誰のどんな挑戦でも受ける』というダカールラリー(かつてはパリダカと呼ばれていました)やサハラマラソンの精神を受け継ぐ東海道五十七次ウルトラマラニックでは、
車のラリーで使うコマ地図というルートマップを使って、ナビゲーションをしながら進んでいきます。
参加者の方には「自分で道を見つけてる感覚が楽しい」と好評をいただいております。

「地図が読めないんです、、、」
「コマ地図を使ったことがないから不安で」
という声がレース参加前には聞こえてきますが、ご心配にはおよびません。
地図の苦手な女性が一人でゴールできるほどわかりやすく作っています。

また、当日使い方の説明もいたします。
コマ地図ではない通常の地図も使えますのでご安心ください。

スピードだけではなく、競技性も東海道五十七次のウルトラマラニックの魅力です。

【実行委員会について】
私たち、東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会は、サハラマラソンを共に走った仲間で結成しました。
限界を超えた先で感じたこと、一週間寝食を共にした仲間との絆。
とても辛く楽しかったステージレースを、もっと身近に、もっと多くの方に体験してもらいたい!
東海道五十七次ウルトラマラニックは、そんな思いで企画した大会です。

【大会概要】

大会名称 東海道五十七次ウルトラマラニック
開催日 2017年5月〜12月
種目 ランの部、ウォークの部
参加料 24,000円
参加資格
  1. 18歳以上の健康な男女
  2. 交通法規を遵守するもの
  3. 地域との交流に配慮できるもの
  4. ゴミ捨てをしないなど環境に配慮できるもの
  5. 地図が読めるもの
必携装備
  1. ヘッドライト
  2. 後方照射用ライト(リスト式推奨)
  3. 携帯電話
  4. マップケース(A3)
  5. 寝具(寝袋、タオルケットなど)
  6. マット(銀マットなど)
  7. ※その他、日よけ、日焼け止め、水分、補給食、着替え、雨具などは各自で用意
表彰 表彰状、賞品などは全行程最終日の表彰式典にて贈呈
参加通知 メールにて通知
記録証 あり
キャンプ テントは持ち込みかレンタルの選択式、寝具は各自持参
食事 夕食と朝食を提供(1泊2食付き)
各ステージエイド食
荷物搬送 スタート→ビバーク→ゴールまで搬送(貴重品は除く)
主催 東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会

 

より、詳しく雰囲気を知りたいかたは

こちらの大会風景をクリックしてください。

ページ上部へ戻る