「飛脚」駅伝の部レギュレーション改訂&ソロの部追加募集

  • 2016-7-1

東海道五十七次ウルトラマラニック「飛脚」駅伝の部のレギュレーションを大幅に変更しました。

多くの方が参加しやすいフォーマットとしましたのでぜひ真夏の東海道にお越しください。
またソロの部につきましてはキャンセル及び資格基準を満たさない方の枠が空きましたので、
15名を追加募集させていただきます。

【駅伝の部】

日本が誇る伝統の駅伝競技は、99年前、ここ東海道を舞台に誕生しました。

その後、箱根駅伝の開催など大きな盛り上がりを見せる駅伝競技ですが、
その原点は、ここ東海道にあります。
徳川幕府が定めた宿駅制度により襷をつないだ「飛脚」は
東海道を最短2日半(72時間)で駆け抜けたと言われています。

私たちはこの日本が誇る伝統の駅伝競技と歴史に溢れる東海道の情景を世界に発信し、
東京オリンピックに訪れる世界中の方々に東海道を旅してほしい。
そんな想いで「飛脚」を企画させていただきました。

ソロの部に人気が集中している現状ですが、今回の変更はより多くの方が
駅伝の部に参加していただけるよう配慮したものです。

真夏の東海道。
6日間で550kmという設定は、名実ともに世界でも最も過酷なステージレースとなりますが、
襷をつなぎ、かつての飛脚の記録に挑んでいただければと存じます。

【飛脚の部】
7/1日より先着順。参加資格は100km以上のマラソンを完走したことががある方です。ご注意ください。

【飛脚 新レギュレーション】
駅伝の部の参加費を引き下げげました。
また単日参加、途中合流、途中離脱、1人1ステージの出走を認めます。
詳しくは“レギュレーションをご覧ください。
「飛脚」のエントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る