飛脚ルート情報

  • 2016-8-9

中継ポイント(CP/エイド)の場所を一部変更がありますのでご確認ください。なおCP(チェックポイント)の正確な位置情報、CPの開設、閉鎖時間は毎朝スタート前のブリフィーングで発表します。
 
また一部ブラインドCP(隠しチェックポイント)の設置も予定しておりますので、ナビゲーション次第で大きく順位が変動する可能性もあります。とは言え厳しいレースなのでこちらで徐々にルートインフォメーションを公表してゆきますので是非チェックしてください。
  
【STAGE1】上野公園~大磯宿(77.6km/max13h)
一区 23.0km 上野公園⇒日本橋⇒川崎
二区 15.7km 川崎宿⇒保土ヶ谷宿
三区 17.6km 保土ヶ谷宿⇒藤沢宿 
四区 21.3km 藤沢宿⇒大磯宿

日本で駅伝が生まれて99年目の夏。レースは「駅伝発祥の碑」の前から始まる。五街道の起点「日本橋」、そして品川、川崎、横浜へと路は続く。都会の喧騒とアスファルトの照り返し。恐らく東海道で最も暑い区間ではなかろうか。そして海水浴発祥の地として知られる大磯宿が休息の地となる。最難関の箱根越えに備え早い帰着を目指したいところだ。 
 
【STAGE2】大磯宿~丸子宿(123.1km/max21h)
一区 32.4km 大磯宿⇒箱根関所
二区 29.7km 箱根関所⇒原宿
三区 26.9km 原宿⇒由比宿
四区 31.1km 由比宿⇒丸子宿
 
大会最難関のこの日は高低差900m「箱根峠」を越える123km。一区は登り、二区は下りとなる駅伝各チームの戦略は見ものだ。江戸時代から残る石畳と木々が幾分か暑さを和らげてくれるだろうが、ソロでの挑戦者にとっては想像を絶する試練が待ち構えているだろう。21時間のマキシマムタイムでゴールを迎えられたとしても翌日のスタートは目前に迫っている。世界で最も過酷とされるかつてのダカール・ラリーの情景を連想させる。
   
【STAGE3】丸子宿~吉田宿(114.8km/max20h)
一区 30.1km 丸子宿⇒金谷宿
二区 23.8km 金谷宿⇒袋井宿
三区 37.5km 袋井宿⇒新居関所
四区 23.4km 新居関所⇒吉田宿
  
朝食は400年以上の歴史を誇る「丁子屋」の麦とろろ飯。食事と睡眠が重要なファクターとなるステージレースにはもってこいのオモテナシだ。連日の100km超えとなるこの日は生き残った選手にとって最も苦しい一日となるだろう。疲労と睡魔とうだる暑さ。そして己の心に打ち勝てるのか。ルートは金谷の石畳、東海道のど真ん中袋井宿、浜名湖、そして新居の関所など情景深い。舞阪のビーチに飛び込み体を冷やすのも一考だろう。
 
【STAGE4】吉田宿~桑名宿(87.7km/max15h)
一区 23.4km 吉田宿⇒藤川宿 
二区 21.0km 藤川宿⇒池鯉鮒宿
三区 19.7km 池鯉鮒宿⇒宮宿
四区 23.6km 宮宿⇒桑名宿
 
レースは後半戦を迎える。87kmという距離が短く錯覚してしまう程の過酷な日々。信長、秀吉、家康が馬で駆け回った地をひたすら進む。藤川では赤米ウイロ、池鯉鮒では都築屋の上用饅頭、そして宮では七里の渡し饅頭が振る舞われる。宿場の方々の力添えが身に染みる一日となるだろう。ビバークの「七里の渡し公園」では選手たちを想い一晩中エアコンを効かせた案内所を開放してくださるそうだ。
 
【STAGE5】桑名宿~大津宿(101.6km/max17h)
一区 38.1km 桑名宿⇒亀山宿
二区 22.2km 亀山宿⇒土山宿
三区 24.2km 土山宿⇒石部宿
四区 17.1km 石部宿⇒大津宿
 
旅は終盤に差し掛かる。桑名城の美しい情景が心に染みることだろう。伊勢路との分岐を経て、関の美しい街並み、そして鈴鹿峠を越えるとそこは甲賀流忍者の里だ。土山では毎回暖かくオモテナシくださる「うかい屋」のご主人がかき氷を振る舞ってくださる。この日のビバークは五十三番目の宿場町、大津は琵琶湖に浮かぶ帰帆島。京の都は間近だ。
 
【STAGE6】大津宿~大坂(79.6km/max14h)
一区 23.3km 大津宿⇒三条大橋
二区 15.6km 三条大橋⇒淀宿
三区 14.5km 淀宿⇒枚方宿
四区 26.2km 枚方宿⇒高麗橋⇒大坂
 
ファイナルステージは大津からもう一つの「駅伝発祥の碑」がある三条大橋に至る。駅伝チームはどんなタイムでここに到達するのか、そしてかつての飛脚の記録を超えられるのか。京の都を過ぎ、竜馬の名残が色濃い「伏見宿」から先は主に川沿いのルートとなる。淀川から更には大川に沿い、大阪城天守閣に足を踏み入れる。まさに水の都だ。中央公会堂前では特設ステージが設けられ表彰式が催される。果たして何人の飛脚がゴールにたどり着けるのだろか。
 
※表示距離は若干変更となる場合がありますので予めご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る