特別大会 箱根100km x 2DAYS

【東海道五十七次ウルトラマラニック特別大会 箱根100km×2DAYs 大会概要】

本大会は日本橋から箱根までの往復路およそ214kmを2日間で走破するステージレースです。
世界に誇る旧東海道と各宿場町、そして発祥から100年を迎える日本の伝統「駅伝」を広く発信してゆくことを目的としています。
コースは旧東海道と箱根駅伝のルートを踏襲し、街道に残される史跡や各宿場町を通過、中継地点では地域の名産でおもてなしを受けます。
各参加者は交通法規を遵守すると共に、地域との交流や環境への配慮を最優先する事が求められます。

大会名 東海道五十七次ウルトラマラニック 特別大会 箱根100km x 2DAYS
開催日 2018年1月6日(金)~7日(日)
主催 東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会 井上真悟
種目 100km(制限時間16時間)×2日間 ※実測距離 約107km
部門 ①飛脚の部(個人) ②駅伝の部(2-3名)
開催場所 旧東海道 日本橋~箱根 往復路
スタート・ゴール 上野恩賜公園駅伝発祥の碑前広場
宿泊地 富士箱根ランド(風呂、6日夕食、7日朝食付き)
関門時間 各ステージ16時間・各中継地点では8分半/km目安に関門設定 ※駅伝の部は繰り上げスタート可能
必携装備 ヘッドライト、後方照射ライト、携帯電話、マップケース(A3)、雨具、防寒具、1ℓ以上の給水ボトル
送迎 中継地点、ゴールまでのバス送迎(駅伝の部およびリタイヤ者)
荷物搬送 配布するオリジナルナップサック(45L・850×650mm)に収まる荷物を宿泊地、ゴール地へ搬送します。中継地点への配送はチームで行って下さい。
参加資格 ①18歳以上の健康な男女 ②交通法規を遵守するもの ③環境に配慮できるもの ④地図が読めるもの ⑤一般公道を利用する長距離競技である事を認識し、自己責任で参加できるもの。
エントリー こちらよりお申し込みください(定員に達し次第受付終了)
ページ上部へ戻る