STAGE7-8

STAGE7-8 浜松宿~岡崎宿

東海道五十七次ウルトラマラニック
STAGE7 浜松宿-吉田宿(豊橋) 約38km
いよいよ旅は後半へと向かう。
松並木を抜け舞坂の町脇本陣を過ぎると湖面に建つ大きな鳥居を目にする。
東海道は浜名湖の最も海寄りを進むのだ。
箱根と並び設けられた新居の関所を越え、白須賀宿は塩見坂を上りきったら後ろを振り返ってほしい。
そこには西からの旅人がはじめて富士と太平洋の大海原を見下ろす絶景が待ちかまえている。

STAGE8 吉田宿(豊橋)-岡崎宿 約35km
吉田城を出発ししばらく進むと現れる御油の松並木は見事だ。
東海道の宿場町で最も近距離に位置する御油と赤坂。
この界隈は当時、東海道の中でも最も賑わった花街として知られるが、今はただただ美しい風情が漂う静かな街並みだ。
藤川宿も松並木。この辺りまで来ると旅人は地図を見ぬとも旧東海道とわかることだろう。
ゴールは家康の生地岡崎城。そこには幼年期の竹千代像が建つ。

大会名 東海道五十七次ウルトラマラニック2017 STAGE7-8
開催日 2017年8月26日(土)~27日(日)
主催 東海道五十七次ウルトラマラニック実行委員会
後援・協賛 NPO法人歴史の道宿駅会議、SSER ORGANISATION、(社)日本ロゲイニング協会、各自治体、ナチュラム、ファイントラック、コールマン、イトイテックス、シュピゲン、ヒラソル、ケシュア、カレンジ
種目 1.旅人の部(ウォーク) 2.飛脚の部(ラン)
開催日程 8月26日 STAGE7 浜松宿~吉田宿(豊橋) 約38km
8月27日 STAGE8 吉田宿(豊橋)~岡崎宿 約35km
ビバーク 主催者が露営地と食事を用意します。テントは持ち込みかレンタル、寝袋・マットは各自ご用意ください
コース及びCP コース及びチェックポイントは受付時及び各ステージブリーフィング時に配布するマップに記載
参加費 STAGE7-8 飛脚の部/旅人の部ともに24,000円(税込)
大会参加費(2日間)・ビバーク費用・ビバーク食事(2食)・参加賞・保険
参加資格 ①18歳以上の健康な男女 ②交通法規を遵守するもの ③地域との交流に配慮できるもの ④ゴミ捨てをしないなど環境に配慮できるもの ⑤地図が読めるもの ⑥一般公道を利用する長距離競技である事を認識し、自己責任で参加できるもの
必携装備 ヘッドライト、後方照射用ライト、携帯電話、マップケース(A3)、寝具(寝袋・毛布・マットなど)、雨具、防寒具、1ℓ以上の給水ボトル、コップ、食器、筆記用具 ※その他、日焼け止め、日除け、補給食、防寒着などは各自用意すること。
募集定員 約100名
エントリー こちらよりお申し込み下さい
荷物搬送 配布するオリジナルナップサック(45L・850✕650mm)に収まるサイズの荷物を次のビバーク地またはゴールに搬送します。ゴールに直送する荷物は受付時に運送会社にてお預け下さい(自費)
ページ上部へ戻る